HOME > 糖尿病予防に玉ねぎ

糖尿病予防に玉ねぎ

現代は糖尿病に悩む人が増えていますが、糖尿病の原因が何かお分かりでしょうか。
代表的な要因はストレスや暴飲暴食、肥満や運動不足ですね。

でも糖尿病は太っている人だけがなるものではなく、例え痩せている人でも糖尿病にはなりえるのです。
何故ならば糖尿病は糖代謝の異常によって引き起こされるからです。

糖代謝の異常とはつまり、膵臓の機能が衰え、インスリンの分泌が正常に行われなくなることをいいます。
この状態が続くと血糖値が上がりっぱなしになるわけですが、とても危険な状態です。

糖尿病の恐ろしさはご存じかと思いますが、実は糖尿病予防には玉ねぎがナンバーワンの効能を持つことを知っていますか。
何故なら玉ねぎには血糖値を低下させる作用があり、血糖値をコントロールできる食べ物なのです。

日本人の多くは2型糖尿病といって、インスリンの分泌が正常に行われなくなることによって引き起こされる糖尿病に発症します。
ですからインスリンの働きを促進し、血糖値を下げることのできる玉ねぎが有効とされているのですね。

さらに血糖値が低い場合も血糖値を下げるわけではないので、低血糖になるリスクもありません。
このように糖尿病に高い効果を発揮する玉ねぎです。

1日半分から1個でも良いので毎日継続することで大切です。
毎日玉ねぎを摂取することで、血糖値を正常な値に維持することが出来るでしょう。

さて糖尿病にはごぼうも優れた効果があるのをご存じでしょうか。
血糖値を下げるごぼう茶はこちらに詳しく書かれています。