HOME > 涙が出ない玉ねぎの切り方

涙が出ない玉ねぎの切り方

玉ねぎを包丁で切ると涙が出たという経験をお持ちの方は多いでしょう。
涙が出ない内に素早く切ってしまうのも一つの手ですし、あるいはゴーグルをしたり、鼻にティッシュを詰めて玉ねぎを切るのも良いですね。

しかし涙が出ないための玉ねぎの切り方というものがあります。
玉ねぎの匂いを嗅ぐとツンとした香りがしますが、これは硫化アリルという成分が玉ねぎに含まれており、気化することで目や鼻の粘膜を刺激するからなのです。

硫化アリルは揮発性が高いので、少し玉ねぎを切っただけで大気中に飛散するのです。
特に切れ味の悪い包丁を使っていると、細胞が破壊されやすく、硫化アリルが大量に飛散します。

包丁のお手入れをしっかりすることも玉ねぎを切って涙が出ないための一つの方法なのです。
しかしもっと簡単に涙が出ないようにする方法があります。

それは玉ねぎを冷やすという方法です。
冷やすとはつまり、玉ねぎを切る直前まで冷蔵庫に入れておくだけです。

こうすることで硫化アリルが飛びにくくなり、涙が抑えられるのです。
ちなみに玉ねぎをレンジなどで温めても硫化アリルが気化してしまうので涙も出にくくなります。

ただし玉ねぎを水にさらしたときと同様、硫化アリルの含有量が減少するので、硫化アリルの健康効果も減少します。
ですので個人的に一番良い方法は玉ねぎを冷やすことでしょうか。

硫化アリルには血栓を溶かして血管の詰まりを防いだり、殺菌作用、抗酸化作用があります。
玉ねぎを切ると目や鼻がしみたり、涙が出てしまいますが、硫化アリルを失うことなく、十分効能を享受したいものです。