HOME > 相性抜群!玉ねぎ入り生姜焼き

相性抜群!玉ねぎ入り生姜焼き

手軽に美味しく玉ねぎを摂取する方法、それが生姜焼きに玉ねぎを入れる方法です。豚肉と玉ねぎって非常に相性が良いんです。豚肉と生姜を一緒に炒めることで玉ねぎの酵素が働き、お肉が柔らかくなって味が美味しくなるだけでなく、栄養価の吸収率もアップします。豚肉といえばビタミンB1が豊富なので、疲労回復に大変効果があると言われています。しかしながらビタミンB1は水溶性なので水に溶けやすく、体内に貯蔵しておくことが出来ず、たくさん摂っても尿として排出されてしまいます。良く言えば過剰摂取しても問題が無いのですが、こまめに摂らないとすぐに欠乏状態になってしまうのです。ちなみにビタミンB1が欠乏すると、糖質の代謝が上手く行われないので、疲れやすかったり、食欲不振につながってしまうわけです。そんな水溶性のビタミンB1の欠点を上手く補ってくれるのが玉ねぎです。玉ねぎには硫化アリルという成分があり、ビタミンB1と結合してアリチアミンという物質に変わります。アリチアミンは脂溶性なので、体内に長く留まることが出来、その結果ビタミンB1の吸収率が上がるというわけです。生姜焼きの作り方はご存じだと思いますが、簡単に説明します。まず豚肉に生姜汁とお酒、醤油を下味として揉み込みます。その後小麦粉をまぶして、サラダ油をひいたフライパンで焼いていきます。ある程度焼き色が付いてきたら、スライスした玉ねぎを入れて一緒に炒めます。その後、砂糖、みりん、醤油、生姜の擦り下ろしで作った合わせ調味料をフライパンに入れ、しっかり煮込み、玉ねぎ入り生姜焼きの出来上がりです。生姜焼き用のたれも市販されていますから、市販のたれを使っても全然OKです。簡単ですので、作ってみてください。