HOME > 玉ねぎで下痢になる

玉ねぎで下痢になる

生玉ねぎが健康に良いと言いますが、中には下痢を引き起こす人もいるようです。
他にも皮膚や粘膜のかゆみや、胃もたれや腹痛、吐き気などを引き起こすこともあるようです。

犬や猫に玉ねぎを与えると下痢を起こしたり、食中毒になることがありますが、人間にも同じような症状が出る可能性はゼロでは無いのでしょう。
これは玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分が悪さをしており、一種のアレルギー症状のようなものです。

基本的に玉ねぎは加熱すれば硫化アリルは無くなるので、このような症状に悩ませることはあまりありませんが、生玉ねぎを食べるとごくまれにこういった症状を起こす人がいます。
もちろんネギ類やニラ、にんにく、らっきょうなどにも硫化アリルは含まれていますから、これらの食材でアレルギーを起こしたことがある人は注意した方が良いでしょう。

ただ玉ねぎは基本的にアレルギーを起こしにくい食べものです。
離乳食にも玉ねぎは使われますから、基本的には安全な食べ物です。

しかし万が一赤ちゃんが玉ねぎを食べた後にアレルギー反応が出たら、玉ねぎの摂取は控えた方が良いかもしれません。
ひどいときは喉の粘膜が腫れるなどして、呼吸困難になる場合もあります。

さて玉ねぎアレルギーの原因は硫化アリルではありますが、硫化アリルは健康上優れた成分でもあります。
例えば血糖値や血圧を降下させたり、疲労回復、老化防止など人間にとって素晴らしい効能があります。

現代は高カロリー、高たんぱくな食事や喫煙、ストレス、過労などから体調を壊す人も増えていますから、玉ねぎを食べることで体調が改善することもありますし、生活習慣病の予防にもなるでしょう。
このように玉ねぎには優れた健康効果がありますから、摂取した方が良いのです。

もし玉ねぎアレルギーが心配であるなら、血液検査でアレルギーがあるか調べることも出来ますので、一度調べてみると良いでしょう。