HOME > 玉ねぎで男性ホルモンが増える?

玉ねぎで男性ホルモンが増える?

更年期障害は女性だけの悩みではなく、男性にも起こりうるのをご存じでしょうか。
男性の場合は女性ホルモンではなく、男性ホルモンの減少によって更年期障害になりますが、20代を過ぎると男性ホルモンは徐々に減少していきます。

男性ホルモンは別名テストステロンと呼ばれ、不足すると体に色んな不調が出てくるようになります。
男性ホルモンは筋肉を発達させたり、男らしさを引き出すホルモンです。

別名モテフェロモンとも呼ばれますが、女性を引き付けるホルモンでもあります。
しかし男性ホルモンは何も男性だけに分泌されるわけではありません。

男性ホルモンは女性も持っているもので、人間の心身を正常な状態に保つ重要な役割を持っています。
ですから男性ホルモンが不足すると骨や筋肉が衰えたり、肥満になりやすくなるようです。

というのも男性ホルモンが低下すると内臓脂肪が付きやすくなり、メタボリックシンドロームのリスクも高めるようです。
ですから同時に高血糖や高血圧のリスクも高めることになります。

また最近の研究では男性ホルモンの不足によってやる気が低下し、うつ症状を引き起こしやすくなることも分かっています。
最近疲れやすい、気分がぱっとしない、やる気が出ないという人はもしかしたら男性ホルモンが不足しているのかもしれません。

放っておくと動脈硬化や心筋梗塞、脳こうそくの原因ともなりえます。
さて、そんな男性ホルモン、別名テストステロンの分泌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか。

一番大切なことは生活習慣の改善です。
睡眠時間を十分取ることでテストステロンの分泌が増えることが分かっています。

反対に睡眠時間が慢性的に短い人はテストステロン値が低いという研究結果も出ています。
ですから如何に睡眠が大事かお分かりいただけるでしょう。

それからテストステロンの値を高めるには玉ねぎなどのネギ類も有効と言われています。
何故玉ねぎがテストステロンの分泌を促すかといえば、その秘密は玉ねぎの成分にあります。

玉ねぎには硫化アリル、アリインといった成分が含まれているのですが、これらの成分がテストステロンの生成を促すようです。
男性ホルモンが多すぎると髪の毛が薄くなる、体毛が濃くなるなどマイナスなイメージをお持ちの方が多いですが、健康にとって大事なホルモンであることはお分かりでしょう。

男性ホルモンの減少をストップさせるためにも、睡眠時間の確保と玉ねぎの摂取が必要です。