HOME > 玉ねぎを食べた後の口臭が気になる

玉ねぎを食べた後の口臭が気になる

玉ねぎはサラダで食べても炒めても、スープに入れて食べても美味しいですが、気になるのは食べた後に臭いではありませんか。玉ねぎを食べると口臭だけでなく、体臭、便の臭いも気になりますね。玉ねぎを始めとするネギ科の植物にはアリシンと呼ばれる辛味成分が含まれており、このアリシンが独特な臭いの原因なのです。美味しくてスタミナもつくけど口臭が気になるねぎやにんにく、ニラの臭いの元もアリシンだったりします。アリシンを摂取すると胃腸から吸収されて全身に巡ります。当然臭いも一緒に巡りますから、口から汗から臭いが発生してしまうわけです。一般的に玉ねぎやにんにくなどを食べると半日は臭いが消えないと言われています。美味しいし、疲労回復や免疫力アップ、高血圧予防に玉ねぎは最適ですが、大事な会議や接待、デートがある日は食べるのを控えてしまいますね。アリシンは加熱すると変性したり、消失するため、じっくり炒めれば臭いを抑えたり、消すことは可能です。飴色玉ねぎを食べても臭わないのもこのためです。ですから問題は生で玉ねぎを食べたときの臭いというわけです。この生玉ねぎを食べたときの口臭を解消するにはどうすれば良いのでしょうか。歯磨きをすれば多少臭いは無くなりますが、体の中に取り込まれたアリシンから発生する臭いを消すことは出来ません。牛乳を飲むという方法も有名ですが、確かに牛乳に含まれるたんぱく質がアリシンを包み込み、臭いの発生を抑える効果があります。しかし牛乳自体が口臭の原因になりかねません。そこで玉ねぎを食べた後にお茶を飲む、あるいは消臭効果のあるコーヒーを飲む、玉ねぎと一緒にりんごを食べると臭いの発生を抑えることが出来ます。お茶やコーヒー、りんごにはポリフェノールという抗酸化物質が含まれており、臭い成分を吸着して消臭する効果があります。良く炭に消臭効果があるといいますが、同じメカニズムで臭いを消してくれます。ですから玉ねぎ料理を食べた後の臭いが気になる方はコーヒーやお茶を飲むと良いと思います。