HOME > 玉ねぎで鼻炎の悩み解消

玉ねぎで鼻炎の悩み解消

現代は慢性鼻炎に悩んでいる人が多いようです。
花粉症に悩む人も増えていますが、花粉の季節を過ぎても鼻の痒みや鼻水、くしゃみが治まらないという人は多いのではないでしょうか。

春を過ぎて梅雨の季節になっても鼻炎の薬や鼻炎薬が手放せません。
お金もかかるし、年中鼻炎薬を飲んでいると頭痛などの副作用に悩まされることもあります。

通常花粉症は季節性のアレルギー性鼻炎なのですが、花粉症という人はダニやハウスダストなどにも過敏に反応してしまうため、通年性アレルギー性鼻炎を併発していることが多いようです。
さてこうなると鼻炎薬を使わずに鼻炎を根本的に治療できる方法があれば良いとは思いませんか。

完治は難しくても症状を軽減できれば負担も軽くなるのではないでしょうか。
鼻炎に効く食べ物は色々ありますが、玉ねぎもその一つであることはご存じでしょうか。

その秘密は玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分にあるようです。
硫化アリルは私たちの体内に入るとアリシンという成分に変化するのですが、これが粘膜を刺激するので生で玉ねぎを食べると鼻がツンとしたり、涙が出てしまうのですね。

でも粘膜を刺激するということは鼻炎に悪影響を与えるのではないかと思いがちですが、アリシンには殺菌作用や抗菌作用、粘膜の炎症を鎮める作用があるので、鼻炎の症状も軽減するのです。
試しに玉ねぎを枕元に置いて就寝してみてください。

スーッと鼻の通りが良くなっていくのが分かると思います。
ちなみに最近鼻炎や蓄膿症の症状を和らげる方法として、鼻うがいをやっている人も増えているようですね。

鼻うがいは鼻腔内に溜まった花粉やウィルス、ハウスダストなどを洗い流してくれるので、思っている以上に症状が楽になったという人は多いようです。
一度お試しください。